アミノペニシリン

 
アミノペニシリンは、殺菌性β-ラクタム抗生物質であり、細菌細胞壁合成を阻害することによって作用する。それらはペニシリンと化学的に類似しているが、ペニシリンよりも広いスペクトルの活性を有する。アミノペニシリンは酸加水分解によって失活しないので、経口投与することができるが、β-ラクタマーゼによる加水分解を受け易いため、β-ラクタマーゼ阻害剤を投与することがある。アミノペニシリンは大部分のグラム陽性細菌感染およびグラム陰性菌感染、例えば大腸菌およびインフルエンザ菌に対して有効である。それらは、上気道および下気道感染症、心内膜炎、尿路感染症、皮膚感染症などの治療に使用されます。

アミノペニシリンに関連する病状