アルツハイマー病の予防:それは存在するのですか?

未だに。しかし、健康的な生活習慣を導くことに関連するいくつかの要因が、アルツハイマー病および他のタイプの認知症のリスクを低下させる役割を果たす可能性があるという強力な証拠があります。しかしながら、これらの因子のいずれかがアルツハイマー病を予防するための実績のある戦略とみなされるには、より多くの研究が必要である。

集団ベースの研究によれば、定期的な身体活動、健康的な食事の摂取、生涯学習を通じて脳活動を維持するなど、全体的な健康に関連する要因が認知症および認知機能低下のリスクを低下させる可能性があります。

さらに、地中海食は、認知症およびアルツハイマー病のリスクの低下と関連しており、心臓および他の血管疾患のリスクがある人々の間で、認知の改善が見られた。地中海食は、果物、野菜、豆類、穀類、魚が豊富で、オリーブオイルを主要な料理脂肪として使用しています。

特定のアルツハイマー病予防戦略を確認するためにはより多くの研究が必要ですが、ここでは健康全体を促進するいくつかのステップがあります

医師に相談してください