怒りの管理

怒りは、非常に強力な感情であり、欲求不満、怪我、迷惑、または失望の感情に由来します。それは、わずかな刺激から強い怒りまでの範囲に及ぶことができる正常な人間の感情です。

怒りは、それがどのように表現されるかに応じて、有害でも有益でもあります。適切な方法で怒りを認識し、表現する方法を知っていることは、人々が目標に到達し、緊急事態に対応し、問題を解決するのに役立ちます。しかし、人々が自分の怒りを認識し理解できなければ、問題が生じる可能性があります。

あなたがうつ病について医者に診てもらう予定の場合、医師が求める可能性のある種類の検査に関する情報がここにあります。まず、すべてのテストが「うつ病テスト」ではないことに注意してください。いくつかの検査は臨床的うつ病を診断するために使用されるのではなく、同様の症状を引き起こす可能性のあるその他の重大な病状を除外するために使用される。ほとんどの場合、医師は身体検査を行い、うつ病の症状が甲状腺などの状態に関連していないことを確認するために、特定の検査室の検査を依頼します。

抑制されていない怒りは、不安と抑うつの根底にある原因となりうる。適切に表現されていない怒りは、関係を崩壊させ、思考や行動パターンに影響を与え、さまざまな身体的問題を引き起こす可能性があります。慢性的な(長期的な)怒りは、高血圧、心臓の問題、頭痛、皮膚障害、消化器の問題などの健康問題に関連しています。さらに、怒りの管理が悪いと、アルコールや薬物乱用、犯罪、感情的、身体的虐待などの暴力行為につながる可能性があります。

Binge摂食障害の診断、治療、および生活に関する新しい電子メールシリーズ