ahcc:使用、副作用、対話および警告

活性ヘキソース相関化合物、担子菌抽出物、合成抗生物質、ヘキソースアクチノスコリレラシオナデュクスヘキササ、エクアライドデバシディオマイセス、エクスパリクトドシャンピニオン、真菌エキス。

AHCCは、真菌から採取された化学物質のグループです。 AHCCはがんおよび肝臓の損傷のために使用される。

AHCCがどのように機能するかを知るには十分な情報がありません。いくつかの研究者は、がん患者の「ナチュラルキラー細胞」の活性を増加させる可能性があると考えています。動物実験では、特定の毒性化学物質に対して肝臓を保護し、糖尿病を予防することも可能であることが示唆されています。

不十分な証拠。癌。癌患者におけるAHCCの効果に関する研究は、一貫していない。いくつかの限られた研究は、AHCCを服用すれば、胃、結腸、または肺がんの人々の生存と生活の質を改善することを示唆している。しかし、初期の他の研究では、AHCCを服用してもさまざまな種類のがん患者の生活の質や治療が改善されないことが示唆されています。化学療法の副作用。いくつかの初期の研究は、AHCCを服用すれば、化学療法の使用に関連する悪心などの胃腸の副作用の一部を軽減する可能性があることを示唆している。しかし、この情報はあまり信頼できません。 AHCCが化学療法治療を受ける人々に他の利益をもたらすかもしれないことを示唆するその他の限られた研究;初期の研究は、AHCCを6ヶ月間毎日服用することは、C型肝炎の患者に有益ではないことを示唆している。肝臓がん。いくつかの限られた証拠によれば、AHCCを服用すると、肝臓癌患者の生存期間が延長され、生活の質が向上する可能性がある。前立腺癌。初期の研究では、AHCCを毎日6ヵ月間服用することは、前立腺がん患者にとって有益ではないことを示唆している。その他の条件。これらの使用のためにAHCCの有効性を評価するためには、より多くの証拠が必要である。

AHCCは、適切な量の口で適切に服用すると危険です。毎日4.5〜6グラムの範囲のAHCCの用量が6ヶ月まで安全に使用されている。低用量(毎日3グラム)は9年間まで安全に使用されています。注意事項:妊娠中および授乳中:妊娠中または授乳中の場合、AHCCを服用する際の安全性に関する十分な信頼性の高い情報はありません。安全面にとどまり、使用を避けてください。自己免疫疾患:AHCCは免疫機能を高めると思われ、自己免疫疾患を悪化させる可能性がある。多発性硬化症、全身性エリテマトーデス(SLE)、慢性関節リウマチ(RA)などの自己免疫疾患を患っている人に、AHCCを慎重に回避または使用するよう伝えてください。

現在、AHCCのインタラクションに関する情報はありません

AHCCの適切な投与量は、使用者の年齢、健康状態およびいくつかの他の状態などのいくつかの要因に依存する。現時点では、AHCCの適切な用量範囲を決定するのに十分な科学的情報がない。天然物は必ずしも必ずしも安全であるとは限らず、投与量が重要であることを覚えておいてください。製品ラベルに記載されている指示に従ってください。使用する前に、薬剤師または医師または他の医療従事者に相談してください。

参考文献

AHCC栄養補給は5-FU誘発性の腸内免疫障害を予防するか? – パイロット動物研究。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物は、宇宙飛行士の後肢下降モデルにおいて、マウスにおけるクレブシエラニューモニエ感染に対する耐性を増強することが示されている(アビレス、H.、Belay、T.、Fountain、K.、Vance、M.、Sun、B.、and Sonnenfeld、G.条件。 J Appl.Physiol 200; 95(2):491-496。

活性ヘキソース相関化合物は、宇宙飛行状態の後肢 – 下降モデルにおいてマウスの免疫機能を増強する。 J Appl.Physiol 200; 97(4):1437-1444。

活性ヘキソース相関化合物は、筋肉内感染のネズミモデルにおける細菌負荷を減少させる免疫機能を活性化させる(アビレス、H.、オドネル、P.、オルシャル、J.、藤井、H.、サン、B.、およびゾンネフェルド。 Am J Surg。 200; 195(4):537-545。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)は、外科的創傷感染のマウスモデルにおける感染に対する耐性を増強する。 Surg.Infect(Larchmt。)200; 7(6):527-535。

アルビノラットにおける顎下唾液腺腫瘍の正常および誘導に及ぼす活性ヘキソース相関化合物の免疫学的効果(Hindose、第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

Bold-Erdene、A.、Baatamum、A.、およびJigjidsuren、C.モンゴル国立癌センターの肝細胞癌患者の治療における活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の有効性。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

ラットにおけるデキサメタゾンによって誘発された胸腺アポトーシスに対する活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の抑制効果。【この用語をキーに探す】Wikipedia(日)外部リンク| WEBラーニング検索外部リンク| J-STORE検索外部リンク| GeNii検索外部リンク| PORTA検索外部リンクEndocr.Regul。 200; 34(4):181-188。

肝癌細胞株の増殖およびアポトーシスに関するAHCC凍結乾燥粉末およびAHCC血清の予備的研究(Cao、Z.、Lin、W.、Chen、R.、Chen、X.、Liao、L.およびOu、J. 。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

慢性マウス腹膜炎に対する先天性宿主免疫反応に対する活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の効果。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

Chutaputthi、A。長期抗ウイルス治療のCHBeAg陽性患者におけるHBeAgレベルに関するAHCCのパイロット研究。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)後の進行した肝臓癌の予後改善(Pregnostic improvement of advanced hepatitis cancer)(AHCC、AHCC、AHCC、AHCC、HHC、 )処置。 Asian Pac.J Allergy Immunol。 200; 24(1):33-45。

レデナ、P.、Zarzuelo、A.、スアレス、MD、デメディナ、FS、およびマルティネス – プラタ、E.、ロペス – ポサダス、R.、ビエイツ、JM、ゴンザレス、M.、オーキシン、O.活性ヘキソース相関化合物はプレバイオティックとして作用し、ハプテン誘導性大腸炎を有するラットにおいて抗炎症性である。 JNutr。 200; 137(5):1222-1228。

Daddaoua、A.、Martinez-Plata、E.、Ortega-Gonzalez、M.、Ocon、B.、Aranda、CJ、Zarzuelo、A. Suarez、MD、Medina、FS、and Martinez-Augustin、O.栄養補助食品活性ヘキソース相関化合物(AHCC)は、TLR / MyD88およびNF-κB/ MAPK活性化を含む腸上皮細胞およびマクロファージに直接免疫調節作用を有する。食品化学。 2-15-201; 136(3-4):1288-1295。

Drannik、A.G.、Kurchenko、A.I。、Savchenko、V.S.およびDrannik、G.N.AHCCは、再発性単純ヘルペス1型および2型感染を有する対象からのPBMC由来単核細胞のin vitro機能活性を誘導する。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

Du、J. H22腫瘍保有ICRマウスおよびBALB / cヌードマウスにおけるAHCCの抗腫瘍効果。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

Du、J。肝細胞癌接種マウスにおける末梢血VEGFに対するAHCCの効果。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

(AHCC)は、鳥インフルエンザに対する耐性を強化している。和文・英文医学雑誌200号4(2):37-39。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の遺伝毒性および亜慢性毒性評価。藤井、仁、西岡、N.、サイモン、R.、カール、R.、リンチ、B.、ロバーツ、A。 Regul.Toxicol.Pharmacol。 201; 59(2):237-250。

Fuller、R. and Kenyon、J. AHCCおよび1-3 / 1-613グルカンの一連の癌患者におけるナチュラルキラー細胞活性の検討。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物は、生得免疫応答および適応免疫応答の両方を調節することによって腫瘍サーベイランスを向上させる。 Cancer Immunol.Immunother。 200; 55(10):1258-1266に記載されている。

AHCCがアルベンダゾールの駆虫作用に及ぼす効果については、Garcia、J.J.、Bautista、L.、Bolas、F.、Fujii、H.、およびTorrado-Duran。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

Gardner、E.AHCCエネルギー拘束性マウスの補充は、原発性インフルエンザ感染の間の自然のキラー細胞機能を改善し得る。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

Ghoneum、M. NK- 17人の癌患者における活性ヘミセルロース化合物(AHCC)による免疫調節。自然免疫学会第2回会議1994。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の免疫調節効果および抗癌効果。 Int J Immunother 199; 11:23-28。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)は、高濃度のグルコースによって誘導された内皮接着結合の破壊を阻害する。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

AHCCは、内皮細胞への浸潤性癌細胞のサイトカイン誘発アタッチメントを軽減する。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

AHCCは炎症誘発性刺激によるAdherens接合の破壊に対する内皮細胞を保護する[General Lecture]。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

(AHCC)の臨床研究:アジュバント化学療法を受けた乳がん患者に対するAHCCの効果。日本アレルギー学会秋季学術講演会第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

AHCCとUREXとの組合せによるマウス膣カンジダ症の防御活性。第20回栄養と統合医療に関する国際会議(ICNIM)2012で発表

平田、孝行、高成林、和歌山、K.高齢頭頸部がん患者の治療における統合医療としての生活の質(QOL)に関するAHCCの評価。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

Hirooka、S.、Yanagimoto、H.、Satoi、S.、Toyokawa、H.、Yamamoto、T.、Yui、R.、Yamaki、S.、Michiura、T.、Inoue、K.、and Kwon、A.膵癌細胞の皮下腫瘍に対するラットにおけるAHCC投与の影響。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)がシスプラチン誘発化学療法に及ぼす影響と腫瘍関連疾患における副作用は、を有する。 Toxicol.Appl.Pharmacol 7-15-200; 222(2):152-158。

AHCCが腸内カンジダ症を伴うマウスの粘膜免疫系に及ぼす影響。田中、久美子、久保田、第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

GACが生化学的プロファイルおよび生活の質に及ぼす影響転移性前立腺癌患者の韓国泌尿器科学雑誌200号47(5):467-474。

卵巣癌の治療のためのペグ化リポソームドキソルビシンと組み合わせた活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の評価。【非特許文献2】K.天然物における応用研究の国際ジャーナル201; 4(3):6-14。

Ikeda、T.、Ishibashi、H.、Fujisaki、R.、Yamazaki、M.、Wakame、K.、Kosuna、K.、Yamaguchi、H.、Ono、Y.およびAbe、S. [予防的有効性実験的顆粒球減少症マウスにおける致死的カンジダアルビカンス感染に対する担子菌調製物AHCC]。日本イシンキン.Gakkai Zasshi 200; 44(2):127-131。

石橋、池田、丹生、佐野、小野、山崎、佐藤、阿部、山岡、川崎、山口、阿部、阿部[マウスの致死的日和見感染に対する担子菌の調製AHCC]。百科事典200; 120(8):715-719を参照のこと。

AHCCとGCを用いた個別化した癌療法、藤井、藤井、三浦、藤井、福知山、田島、K.非小細胞肺癌(NSCLC)のステージIV(M1)について16年間にわたって長期追跡する。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

(EBM)と高度なステージまたは再発の癌患者の治療上のギャップ:AHCCを用いたがん治療の再検討(石山、R.、藤井、三浦、T.、福地、Y.、およびTajima、および肺癌およびBrea癌の11年間にわたる長期フォローアップからの個々のEBMの下でのGCP。第17回栄養と統合医学会議(ICNIM 2009)で発表されました。

Iwamoto、M. AHCCが糖尿病に及ぼす臨床的および基礎的研究の影響。第2回日本代替医療学会年次大会

インフルエンザウイルスAlPR / 8/34感染モルモットの呼吸器系におけるIFN-αアンチセンスRNAおよびmRNA発現レベルに及ぼすAHCCの効果、Jiang、S.、Nakano、T.、Nishizawa、M. Kimura、T。第20回栄養と統合医療に関する国際会議(ICNIM)2012で発表

Karkow、A.およびKarkow、F.AHCC:個人的な経験。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

川口、Y.活性ヘキソース相関化合物(AHCC)で治療した場合の胃癌または結腸癌患者の生存の改善:消化器癌に対するAHCCの効果。 Nautral Medicine Journal 200; 1(1):1-6。

Kidd、P. M.癌治療におけるキノコグルカンおよびプロテオグリカンの使用。 Altern.Med Rev. 200; 5(1):4-27。

Kim、J.非ウイルス性、慢性および異常な肝機能状態におけるAHCCの効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

急性腸傷害モデルにおけるKulkarni、A.食餌性AHCC。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

Kurokawa、T.上級または末期がんに対する多峰性療法におけるAHCCの使用。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

ヒト単球からのIL-IPおよびIL-6産生に対するAHCCおよびα-グルカンの効果の検討。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物は、ヒトの単球からのIL-1β産生を誘導することによりTヘルパー(Th)17および1細胞応答を促進する。 Cell Immunol。 201; 275(1-2):19-23。

Lee、W.W.、Shin、M.S。およびKang、I.AHCCは、ヒトの刺激単球を介してCD4 + T細胞からIL-17の産生を誘導する。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

(AHCC)は、虚血再灌流傷害を減少させる[一般講演]。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物の肝代謝および化学療法剤との薬物相互作用の可能性の評価。 J Soc Integr。Oncol。 200; 6(3):105-109。

AHCCによる緩和ケアの効果を検討した。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

AHCCを用いた新規免疫療法の動物病理学への応用新規登録ログインCiNii著者検索(ベータ版)を公開しました。検索結果の品質向上にご協力ください。第8回栄養と統合医療に関する国際会議(ICNIM)2000で発表

松井、桂、川口、Tok、尾崎、徳原、九州、田中、 Nishizawa、M.、and Okumura、T.肝細胞における一酸化窒素産生に対する活性ヘキソース相関化合物の効果。 JPEN J Parenter.Enteral Nutr。 200; 31(5):373-380。

活性ヘキソース相関化合物は、炎症誘発性バイオマーカーiNOSの発現を阻害することが知られている(例えば、非特許文献2を参照されたい)。肝細胞において。 Eur.Surg.Res 201; 47(4):274-283。

Matsui、Y.およびKamiyama、Y. AHCCを補充した乳癌患者の回顧的研究。 Integrative Oncology 200の国際ジャーナル; 3(2):12-16。

松井、泰、宇原、佐藤、佐伯、貝堀、麻田、山田、喜多、伊達、井上、高井、川口、李、権、 Kamiyama、Y.機能性食品で治療した術後肝細胞癌患者の予後の改善:予後コホート研究。 J Hepatol。 200; 37(1):78-86。

活性ヘキソース相関化合物とUFTとの併用療法は、ラット乳腺の転移を有意に減少させることが示されている(Matsushita、K.、Kuramitsu、Y.、Ohiro、Y.、Obara、M.、Kobayashi、M.、Li、YQ、and Hosokawa、腺癌。抗癌剤199; 9(4):343-350。

マトウオ、A.、ヤマダ、M.、中山、K.、スドウ、K.、ヤマダ、K.、中川、H.、タカハシ、T.、竹下、K.、桑原、M.新免疫療法の応用動物病に対するAHCCの使用I.第8回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2000で発表。

乳癌のアジュバント化学療法における活性ヘキソース相関化合物の探索的臨床研究乳癌のアジュバント化学療法における活性ヘキソース相関化合物の探索的臨床研究乳癌のアジュバント化学療法における活性ヘキソース相関化合物の探索的臨床研究。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)による抗癌剤の副作用の軽減。癌研究のための協会の議事録199; 40。

AHCCによるマウスのゲムシタビン誘発性造血毒性緩和効果[ポスターセッション]中村、井上、茂木、西岡、藤井、H.第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

抗癌剤による副作用に対するAHCCの改善効果[General Lecture]。第16回栄養と統合医学会議(ICNIM 2008)で発表されました。

西岡、H.鳥インフルエンザウイルスに対するAHCCの予防効果。第15回AHCC研究会国際シンポジウム2007

AHCCは、ラット肝細胞におけるサイトカイン/ケモカインmRNAの発現を抑制する。第20回栄養と統合医学に関する国際会議(ICNIM)2012で発表されました。

Nogusa、S.、Gerbino、J.、およびRitz、B.W.活性ヘキソース相関化合物による低用量補充は、C57BL / 6マウスにおける急性インフルエンザ感染に対する免疫応答を改善する。 Nutr.Res 200; 29(2):139-143。

Nomura、T.、Adachi、S.、Ryo、H.、Kikuya、R.、Hatanaka、E.、Tokita、Y.、中島、H.、Hongyo、T.、およびParida、DKによる癌および奇形の予防マウスおよびヒトにおける活性ヘキソース相関化合物(AHCC)。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

Nomura、T.、Kikuya、R.、Adachi、S.、Ryo、H.、Hatanaka、E.、Kaji、M.、Yasuda、K.、Nakajima、H.、Hongyo、T.、Parida、DK Wakame、K.マウスおよびヒトにおける活性ヘキソース相関化合物、AHCCによる癌および放射線誘発障害の予防。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

Nomura、T.、Nakajima、H.、Hongyo、T.、Kikuya、R.、Adachi、S.、Ryo、H.、Tokita、Y.Eiko、H.、Yoshida、N.、Parida、DK Wakame、K.マウスにおける活性ヘキソース相関化合物、AHCCによる放射線誘発遅延効果(先天性奇形および白血病)の阻害。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

実験的大腸炎における共生効果を発揮する活性ヘキソース相関化合物およびビフィドバクテリウム・ロンガム(Bifidobacterium Longum)は、実験的大腸炎における共生効果を発揮する。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物およびビフィドバクテリウム・ロンガムBB536が発揮する、Ocon、B.、Anzola、A.、Ortega-Gonzalez、M.、Zarzuelo、A.Suarez、MD、Sanchez de、Medina F.、およびMartinez-Augustin実験的大腸炎における共生効果。 Eur.J Nutr 201; 52(2):457-466。

沖縄、松山、松井、松井、松浦、松井、嘉久理、九、九州、西岡、滋賀、滋賀、中本、 HARA、T.、およびNishizawa、M. LPS処置マウスにおけるiNOSおよび炎症誘発性サイトカインの誘導に対するAHCCの効果。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

ラット肝細胞における線虫C.elegansの寿命および酸化窒素産生におよぼすAHCCの影響の平行評価。岡山大学医学部附属病院泌尿器科。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

頭頸部がん患者の管理における活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の形での補完的および代替医療の統合、Parida、D. K.、Wakame、K.およびNomura、T。臨床医学の国際ジャーナル201; 2:588-592。

Ritz、B.W.活性ヘキソース相関化合物による補充は、マウスにおける感染誘発後の生存を増加させる。 Nutr.Rev。 200; 66(9):526-531。

活性ヘキソース相関化合物を補充すると、若いマウスの原発性インフルエンザ感染に対する自然免疫応答が増加する。 JNutr。 200; 136(11):2868-2873。

活性ヘキソース相関化合物を用いた短期間の補充は、インフルエンザBワクチンに対する抗体応答を改善する。 Nutr Res。 201; 33(1):12-17。

酒井、松井、松井、松井、Y.、Kwon、A.肝細胞の高度反応マルチモーダル療法におけるAHCCを用いた癌。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

AHCCの有害事象としてのI / II相臨床試験(第1报):有害事象としてのAHCCの臨床第I相/第II相臨床試験(阪大)化学療法を受けているがん患者の効果低下剤(第3報)。第17回AHCC研究会2009で発表されました。

サンチェス・デ・メディナ、F.、プラタ、EM、ロメロ・カルボ、I.、オルテガ、M.、ゴンザレス、R.、ダダダウア、A.、マルティネス・モヤ、P.、ザルズルエロ、A.、スアレス、MD Martinez-Augustin、O.相関化合物は免疫調節効果を発揮し、それらのプレバイオティック作用に依存しないいくつかの腸細胞型の分化を誘導する。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

Sasaki、S.、Okawa、H.、およびNishioka、H. AHCC含有液体生成物によるマクロファージおよびリンパ球の活性化。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

佐藤、大橋、佐々木、田中、Y.、三木、H.、Oishi、M.、Tokuhara、K.、Kaibori、T.、Okumura、T.、Nishizawa、M.、and Kwon、A.アデノシンに加えてAHCCにおける親水性肝保護化合物の存在第20回栄養と統合医学に関する国際会議(ICNIM)2012で発表されました。

(AHCC)が抗がん剤誘発性副作用の軽減効果を有することを示唆している。 J Exp.Ther Oncol。 200; 8(1):43-51。

ヒト子宮頚癌異種移植片モデルにおける腫瘍成長の予防または遅延のための活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の評価、Smith、J.A.、Gaikwad、A.、Jaffari、M.、Frumovitz、M.およびMeyer、第20回栄養と統合医学に関する国際会議(ICNIM)2012で発表されました。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)とリポソームドキソルビシン(Doxil)との組み合わせの相乗的活性を定義している(Smith、J.A.、Hunter、R.J.、Fujii、H.、Wakame、K.第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

ストレスホルモンおよび免疫パラメータに対する活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の効果。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

健康なボランティアにおける栄養補助食品、活性ヘキソース相関化合物、AHCCの安全性に関するフェーズI試験。 J Nutr Sci Vitaminol。(Tokyo)200; 53(6):536-539。

Sula、J. AHCCを6ヶ月間使用した後のがん患者におけるプロペルジンの活性の増加を測定した経験。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

このようにして得られたキノコの菌糸体抽出物は、予後不良の前立腺がんは予期せずに管理されました。 Jpn.J Clin.Oncol。 201; 40(10):967-972を参照のこと。

ゲニステイン複合多糖(GCP)と活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の抗腫瘍効果。翻訳された。 Biotherapy 200; 15(3):379-382。

マウスの四塩化炭素誘発肝障害に対するAHCCの予防効果。 Nautral Medicine 199; 51(4):310-315。

シトシンアラビノシド誘導性脱毛症の調節における活性ヘキソース相関化合物の効果、および6-メルカプトプリン-2-オンの効果は、げっ歯類におけるメトトレキセート誘発性肝障害を含む。 Cancer Epidemiol。 200; 33(3-4):293-299。

A. Sundansan、A.、Wakame、K.、およびKulkarni、A。D. AHCCは、酸化ストレスを軽減することによって肝代謝を正に調節し、LDLの肝臓トラフィッキングを増加させることによって心臓を保護する。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

11歳女児における糖尿病性血小板減少性紫斑病の治療のためのSzalus、N. AHCC – 1件。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

Szalus、N. and Budlewski、T. AHCCの免疫系への影響と、放射性同位体製剤(90Y-DOTA-TATE)で治療した神経内分泌腫瘍(NET)を播種した患者における有害な影響。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

AHCCの投与によるイヌの細胞性免疫応答の増強[一般講演]。高橋、敏夫、忍野、中山、益子、山田、武田、竹下、敬之、山田、九、桑原。第8回栄養と統合医学会議(ICNIM)2000で発表されました。

田中、弥生、大橋、佐藤、鈴木、三木、大石、徳島、徳原、亀井、岡村、岡村、西澤、茂、クォン、アデノシン、AHCCにおける肝臓保護化合物。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

AHCCの血清学的パラメータに対する影響は、サラブレッドウマの免疫およびストレスに対する影響を検討した。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

寺川、奈良、松井、弥生、佐藤、佐々木、柳本、高橋、K.、山本、T.、Yamao、J.、Takai、S.、Kwon、AH、and Kamiyama、Y. Immunological健康な志願者における活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の効果:二重盲検プラセボ対照試験。 Nutr.Cancer 200; 60(5):643-651。

Phumongkutklao Hospitalの慢性C型肝炎患者の治療におけるActive Hexose Correlated Compound(AHCC)の有効性に関する研究。メディカルニュース(タイ)201; 325:13-16。

乳癌の予防、スクリーニング、診断および管理におけるAHCCの効果。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

転移性去勢抵抗性前立腺癌における活性化ヘミセルロース化合物による劇的な前立腺特異的抗原応答、Turner、J. and Chaudhary、U。抗癌薬200; 20(3):215-216。

活性ヘキソース相関化合物(AHCC)は、免疫学的パラメーターを改善する(非特許文献2)。固形腫瘍患者のパフォーマンス状態Biotherapy 200; 14(3):303-309。

AHCCの無作為化プラセボ対照試験(RCT)による減量効果についての検討がなされている。乳癌化学療法における副作用。第19回栄養と統合医学会議(ICNIM 2011)で発表されました。

Wakame K.活性ヘキソース相関化合物(AHCC)のラットにおけるストレプトゾトシンによって誘発される糖尿病の発症に対する保護効果。 Biomedical Research 199; 20(3):145-152。

Waki、H.、Miyazaki、S.、Hisajima、T. AHCCの自律神経機能への影響。第20回国際栄養と統合医学会議(ICNIM)2012で発表されました。

Wang、S.、Ichimura、K.、およびWakame、K.ラットにおけるニトリロ三酢酸第二鉄によって誘導される酸化的ストレスに対する活性ヘキソース相関化合物(AHCC)の予防効果。 Dokkyo Journal of Medical Sciences 200; 28(2-3):745-752。

ラットの固定化ストレスに対する活性化ヘキソース相関化合物の有益な効果:Wang、S.、Wakame、K.、Igarashi、Y.、Kosuna、K.およびMatsuzaki、S.AHCC。 Dokkyo Journal of Medical Sciences 200; 28(1):559-565。

Wang、S.、Welte、T.、Fang、H.、Chang、GJ、Born、WK、O’Brien、RL、Sun、B.、Fujii、H.、Kosuna、K.およびWang、T.活性ヘキソース相関化合物の投与は、マウスにおける西ナイル脳炎に対する宿主抵抗性を高める。 JNutr。 200; 139(3):598-602。

Yagami、K.、Nishizawa、M.、Shirota、T.、Shigeru、Y.、and Yagasaki、T. AHCCは、間葉系幹細胞の骨芽細胞分化を維持し、炎症性サイトカインによるNO産生を抑制する。第18回栄養と統合医学会議(ICNIM)2010で発表されました。

様々な菌糸体抽出物を処理した担癌マウスにおけるハプロタイプ依存性血清IL-12産生。 In Vivo 200; 16(1):49-54.

Yanagimoto, H., Satoi, S., Toyokawa, S., Yamamoto, T., Hirooka, S., Yamao, J., Araki, H., Matsui, Y., and Kwon, A. The Beneficial Effect of Active Hexose Correlated Compound (AHCC), a Health Food Component, in Patients with Pancreatic or Biliary Tract Cancer who Underwent Chemotherapy. Presented at the 40th APA (Pancreatic Association) 2009.

Ye, S. F., Wakame, K., Ichimura, K., and Matsuzaki, S. Amelioration by active hexose correlated compound of endocrine disturbances induced by oxidative stress in the rat. Endocr.Regul. 200; 38(1):7-13.

Yin, Z., Fujii, H., and Walshe, T. Effects of active hexose correlated compound on frequency of CD4+ and CD8+ T cells producing interferon-gamma and/or tumor necrosis factor-alpha in healthy adults. Hum.Immunol. 201; 71(12):1187-1190.

Zhang, X. H., Nishioka, H., and Fujii, H. Inhibitory Effect of AHCC and GCP on Upregulated CD133 and Nestin Expressions Induced by Norepinephrine in C6 Glioma Cells. Presented at the 20th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM) 2012.

Bach, A., Ferrer, A., Puig, D. M., Ahedo, J., and Chetri, C. Effects of Supplementing a Combination of Nucleoforce&re; and AHCC to Dairy Calves prior Weaning on Respiratory Afflictions and Immune Response during the Postweaning Period. Presented at the 18th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM) 2010.

Ishizuka, R., Fujii, H., Miura, T., Fukuchi, Y., and Tajima, K. Review of Cancer Therapy with AHCC&re; and GCP&re; The Long-Term Follow-Up over 12 Years for Stage IV (M1) Cancer of the Lung and the Breast. INTERNATIONAL JOURNAL OF INTEGRATIVE MEDICINE 201; 2(1):98-111.

Ye SF, Ichimura K, Wakame K, Ohe M. Suppressive effects of Active Hexose Correlated Compound on the increased activity of hepatic and renal ornithine decarboxylase induced by oxidative stress. Life Sci 200; 74:593-602.

自然薬総合データベースコンシューマバージョン。 Natural Medicines包括的なデータベースプロフェッショナルバージョンを参照してください。 ÂTherapeuticResearch Faculty 2009。

Ex。人参、ビタミンC、うつ病